Movable Typeはじめに

ブログ(Blog) とは狭義にはウェブ上のウェブページのURLとともに覚え書きや論評などを加え記録(ログ)しているウェブサイトの一種。
WebをLogする”という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになりました。

現在は作者の個人的な体験や日記、特定のトピックに関する必ずしもウェブに限定されない話題などのような、時系列で比較的頻繁に記録される情報についてのウェブサイト全般を含んでいます。
このようなウェブサイトの作成機能を提供するソフトウェアやサービスなどを指して呼ぶ場合もあり、SNS(Social Networking Service ソーシャル・ネットワーキング・サービス)・ブログ口コミメディアを総称してCGM(Consumer Generated Media コンシューマー・ジェネレイテッド・メディア)と呼ぶこともあります。

携帯電話などのモバイル端末を使用しメールを送信して更新するブログはモブログ(moblog)、写真画像を主体として更新されるブログはフォトログ(photolog、fotolog)、ビデオコンテンツを配布するビデオブログはブイログ(Vlog)、自分の持っている書籍のISBNコードを使って登録すると自動的に本棚にその本が置かれる本専用のブログをブグログ(一部、ブグログではCDやDVDのISBNコードを利用して登録し表示させることも可能)と呼び、通常、投稿にはテキストやイメージが添えられます。

独自にブログを作成するには、ブログを構築する場所(レンタルサーバなど)や、ドメイン、ブログシステムのソフトウェアが必要です。
ここでは、ブログシステムのソフトウェアとして代表的な「MovableType」を勉強していきます。

Movable typeについて

Movable Type(ムーバブル・タイプ)とは、Perl言語で記述されたCGIのブログ構築ソフトウェアです。
Webサーバにプログラムをインストール(アップロード)し、Internet Explorerなどのブラウザ上で操作します。
投稿した情報を最終的にHTMLファイルで生成して、サイトを構築できます。

Movable Typeの管理画面では、

  • システム全体・ブログ単位の設定
  • デザインを変更(テンプレート・スタイルシート)
  • 機能の拡張(プラグイン)

などが出来ます。その他、テンプレート内のPHPでの開発や、ソースコードのカスタマイズなど、多くの機能と拡張性があります。

また、シンプルなCMS(Content Management System:コンテンツ管理システム)として利用できます。コンテンツを作成してエントリーを行う運用者と、デザインやカスタマイズを行う制作者の作業を分ける事ができ、生産性の向上にとても役立つでしょう。

次のページ>>