動画を配信したい

  動画を配信する仕事をする機会がありました。とうとう私も敬遠していて動画っという面倒くさそうな領域に足を踏み入れる事となった訳で・・・。

  でも、色々なサイトを覗いて勉強してみたら、以前と比べてずずぅっと動画って身近な物になっているではありませんか。だから、私が今回勉強した事を忘れないためにまとめておきます(要は覚え書きです)。あくまでも作業の流れなどについて書いています、細かい作業の手順やどんなアプリケーションソフトを使っのかなどは、また改めてまとめたいと思います。きっちりとお断りしておきますが、私は動画配信を専門としているわけではありません。


  高品質で低価格なデジタルビデオ、高性能なデスクトップPC、手の届く価格で簡単に使えるビデオ編集ソフトウェア、そしてウェブという新しい配信チャンネル、それらのおかげで私達にも手の届く範囲で動画配信が出来るようになりました。

  広帯域DSL接続やケーブルモデムによる接続の利用者が増えたお陰で、今までは躊躇していたウェブでの動画を楽しむ人がぐぐぅっと一気に増えました。

  自分で動画を製作して公開するには、いくつかのステップがあります。

1. 映像の用意

2. 編集(一般向けビデオ編集ソフトを使う)

3. 圧縮/エンコード(ビデオ編集ツールの機能を利用するか、専用の圧縮ツールを使う)

4. 配信

ここでは、おもにエンコーディングと圧縮のプロセスを中心にした概略を説明します。